通勤ライブチャットの裏話! チャトレの仕事場ってどんなところ?

通勤ライブチャットの裏話! チャトレの仕事場ってどんなところ?

ライブチャットで何とか食いつないだことがあります、カサイユウです。

さて今回ご紹介するのは「通勤ライブチャットの裏話」。

仕事場の様子や待遇、カメラの裏側で起きている人間関係とは……?

そして最後には、チャトレが人知れずストレスを感じている瞬間をランキング形式で解説します。

今夜のライブチャット遊びから、ぜひともお役立てくださいませ。

 

 

【通勤ライブチャット・仕事場はどんなところ?】

私がかつて働いていたライブチャット会社は、新宿区の某所にありました。

入り口から事務スペースを通り過ぎると、奥には10室ほどのブースがあります。

ブース内はさほど広くありません。

というか、とても狭いです。

漫画喫茶の個室をイメージしてもらえると、ちょうど良いかもしれません。

さらにブースと言っても、パーテーションで仕切られているだけのものなので、隣の声は丸聞こえ。

運悪く隣に声の大きな子が入ってくると、ちょっとイライラしてしまうこともあります。

ブース内の設備は、まずパソコンとウェブカメラ。

机にイス、そして顔をキレイに見せるための照明。

用途はご想像にお任せしますが、ボックスティッシュやウェットティッシュも置いてありました。

チャトレには一冊ずつ、大学ノートが用意されていました。

これはとっても大事な、お客さん情報のメモ用ノート。

その日に誰と話したのか、どんなことを話したのかを、忘れないようにするためのものです。

2ショットチャット接続が切れた直後には、煙草を吸いながらお話した内容などをノートに殴り書きしていたり、します。

 

 

【通勤ライブチャット・待遇はどんな感じ?】

 

・コスプレ衣装の貸し出し

セーラー服にブレザー、チャイナワンピに体操着……と、コスプレ衣装はひと通り揃っていました。

ワンピースもセクシー系から可愛い系、清楚系までと幅広いラインナップ。

私は暗めの色が好きだったので紫色のワンピースを選びがちだったのですが、スタッフから「ババ臭い」「趣味悪いね」と罵られていた記憶があります。

趣味の悪さは否めませんが、悪口を言えるほど仲が良かったということにしておきたいと思います。

 

・フード&ドリンクは取り放題

食いしん坊の私が嬉しかった待遇は、ご飯や飲み物が取り放題だったこと。

休憩は、自分の好きなタイミングで摂ることができました。

食事のメニューは日によって変わりますが、基本的にはスタッフさんのお手製。

ほぼ毎日用意されていたのは、大皿に山盛りのチャーハン!

「好きなだけ取り分けてブースで食べてね」という、なんともアットホームな感じでした。

 

・もちろん日払いOK

報酬は、希望すれば日払いで支払われます。

その日に稼いだ金額のうち何割かを、手渡しですぐにもらえるシステムでした。

「今日遊びに行くのにお金が足りない!」という時は、深夜から早朝にかけて急遽出勤させてもらえたりと、この点はかなり助かりました。

出勤しても稼げるかどうかは日頃の営業努力、そしてタイミングや運にも大きく左右されるんですけどね……。

もちろん思うように稼げず、やる気が空回ってしまう日もありました。

 

 

【通勤ライブチャット・人間関係はどーなの?】

トラブル防止のためか、チャトレ同士の連絡先交換は禁止でした。

それどころか、チャトレ同士は日常会話すらも避けるようにとのルールがあったのです。

そのため仕事中に会話できるのは、お客さんか内勤スタッフとのみ。

チャトレたちは仕事のストレスからか、やたらと内勤スタッフに話しかけに行くフシがありました。

ネット越しでしか人とコミュニケーションを取れないとなると、どうしても人恋しくなるものです。

 

 

【ライブチャット嬢・ストレスが溜まる瞬間とは?】

最後にライブチャット嬢が密かにストレスを感じる瞬間をご紹介します。

ぜひともこちらを反面教師にして、素敵なお客さまになってくださいませ!

 

1位 脱げ脱げ攻撃

やはり堂々の1位は、お客さんからの心ない言葉。

こちらの都合で恐縮ではあるんですが、あまりにも「早く脱げ」と責め立てられると「服を脱がないお前には何ひとつ価値などないのだ!」なんて言われている気分になります。

これ、地味につらいです。

せめて挨拶やとっかかりの会話ぐらいは、してくれると嬉しいです……。

 

2位 お客さんがつかない……

ライブチャットの報酬は、基本的に完全歩合。

有料チャットをつないでくれるお客さんがいなければ、その日の報酬はゼロなのです。

稼ぐためにやっているのに、まったくお客さんがつかない日の苦しさといったら……。

そんなストレスに、じわじわと苦しめられています。

 

3位 見たくもないチンコを見せられる

「俺のチンコ見たい?」

と言われれば、もちろん

「見た〜い!」

と返しますよ。

だけど正直言うと、知らない人のチンコなんてまったく見たくないんです。

いまいち会話が盛り上がらない見せたがりさんは、次から

「俺のチンコ、見てください!」

と、低姿勢でお願いしてみると良いかもしれません。

 カサイユウの他の記事はこちら

06元風俗嬢のアラサー。都内某所の飲み屋さんで働きながら、恋愛関連やアダルトコラムのライターをしています。好きなものはビールとお金。苦手なのは長時間じっとしていること。酒の失敗は3日で忘れます。痛みで興奮するタイプですが、変態ぶっているフシがあります。アラサーになってから不倫のお誘いをいただくようになったので、それとなくパパができないものかと思案中です。
■ライター カサイユウ
1PO3BUとは? 最新の記事を読む

この記事が気に入ったら いいね!しよう

注目記事

新着記事