【潜入】西麻布には仮面を着けて出会いを探すBARがある!?

【潜入】西麻布には仮面を着けて出会いを探すBARがある!?

 こんにちわ、こんばんわ、チャン小林です。

ライター業をしていると、異性と出会う機会が全くありません。

お金を払って数時間の会話はありますが()

でもやっぱり、普通の出会いが恋しくなるわけですよ。

歌舞伎町に行けば遊ぶ場所は沢山ありますが、たまには大人な女性とも出会いたくなります。

超個人的なイメージで、大人が集まる場所として“西麻布”が思い浮かぶわけです。

他にも、セレブや芸能人って感じもあります。

ということで、西麻布に絞って調べてみることにしました。

検索で出てくる多くは「婚活パーティー」や「クラブイベント」とか……。

求めているのとは違うと思い、さらに調べていくと見つけました。

Zo●●o】というお店。

何が面白いかと言うと、男女が“仮面”をつけてお酒と出会いを楽しむ!ってところです。

だって、仮面つければ「ブサイクな顔も隠せるし、女性の顔面を気にしなくて済む」わけですよ。

というわけで、突撃してきました!一人で()

 

 

 

■西麻布の交差点から歩いて2

公式HPもあるので場所は分かりやすかったですが、初めて西麻布来た人には難しいかもです。

お店は隠れ家的な地下にあるわけではなく、堂々と1階で営業していることに驚きます。

外から仮面をつけた男女が丸見えですからね。

とりあえず、外観を写メで撮影しようと何枚も撮っていたら、仮面をつけた女性スタッフが出てきて、リアルに怒られました。

「お客様のプライバシーもありますし、冷やかしで撮影される方もいますので」

ということで、今回は写メなしです……。

 

受付で支払った金額は以下になります。

・入会金 1,000

・入場料 4,000

・ドリンク料 6,000(キャンペーンで飲み放題)

4月は2時間飲み放題に変わっています。

そして、10個ほどある仮面の中から、青をメインカラーとしたのをチョイスしました。

 

 

 

■地下に行けばVIP席がある

1階のメインはスタンディングスタイルで、落ち着いたバーという感じです。

ただ、スタッフ含めて全員が仮面姿ですけど……。

さて、店内を徘徊してみると、地下にも部屋があるらしいことが分かりました。

スタッフさんに聞いてみたところ、「ソファ席」と「VIP席」とのこと。

簡単に言えば、お金がある人が遊ぶ空間ってことになります。

仮面をつけてVIP……もう、エロいことし考えられないですよ。ほんとに。

とはいえ、お金はないので1階で頑張ることにしました。

 

 

 

■相席と違ってナンパする勇気が必要

いきなりヤバい状況に追い込まれます。

というのは、相席居酒屋や相席ラウンジに行き過ぎたせいもあって、スタッフさんが女性を紹介してくれると思っていたわけです。

しかし、違っていました。

自力で声を掛けないとダメってシステムなんです!

一人で来たことをすごく後悔しましたね……。

でも、このまま帰ってしまったらお金が持ったいないですから。

仮面の力を借りて声を掛けました。

まずは、2人組のOL雰囲気な女性に!

自分が1人で来たことを告げると、滅多に1人で来る男性は珍しいと教わりました。

何でも2人は常連らしく、システムから裏話的なところまで聞くことが出来ましたよ!

ただ、連絡先交換までは出来ませんでしたけど。

その後は、遅くなればなるほど、スーツを着た男性と落ち着いた雰囲気の女性が沢山入店をしてきて、1人では戦いきれなくなり、離脱させていただきました。

 

 

 

■総評

2人組の女性に話を聞いたところ、飲み放題ではない時は、男性が女性にお酒を奢ることが多いそうです。

また、0時を過ぎれば仮面を外しても大丈夫なルールになっているので、0時以降は地下が盛り上がるとのこと。

やはり、世のなか“お金持ちが有利”ということは間違いないようです。

ただ、クラブでナンパするよりも、人数は少なく落ち着いてはいるので、新しい出会い方としてはオススメしたい場所だと思いますよ!

※チャン小林の他の記事はこちら

 

■ライター

 チャン小林

39ddedeca8659cba4eab472f3fb7b0d6東京都出身。バツイチ。アダルト業界に生息しているフリーライター。実家は風俗店、ホテル、飲食店、芸能プロダクションなどを経営していた異色の経歴。雑誌・WEBにて風俗体験談、AVレビュー、アングラ、サブカル関連の記事を中心に活動中。趣味はガールズバーで一人飲み。チラリズムとカニバリズムについて、日々研究を続けている。。

 

 

 

1PO3BUとは? 最新の記事を読む

この記事が気に入ったら いいね!しよう

注目記事

新着記事