エロ業界関係者(女優、風俗嬢、制作、営業)の本音あれこれ。

 苦情というよりは嘆きのエロ業界人からお話を聞きました

「今の若いもんは何を考えているのか分からない」という言葉が刻まれていたのは、古代エジプト王朝のころのパピルスだったそうです。

今も昔も、世代間とか他者との意思の疎通をかくとか、常にあるわけです。

そして現在は、SNSという、「全世界発信」するツールが誕生しました。

ここに、苦情ごとや、嘆き、怒りを書いてしまったら、「文句にしか見えない」

ストレスを溜めまくりのエロ関係者の話を聞く役割もまた、AVライター・麻雅庵だったりするのですが、穴を掘って叫びたくなる……そしてSODエロ進化論で叫ぶと……

「王様の耳はロバの耳」だな、こりゃ(笑)

麻と葦の違いはありますが、やっぱり外へと漏れてしまうのです(笑)

 

 

AV女優・Aちゃんの言いたいこと

「ちょっと対応が悪かっただけでファンをやめないで!バカにされるよりキツいです」

「いろいろと意見してくれるファンには感謝しているんです」

「特にエロ描写に関して、男性は細かいですよね(笑)なので、『そういう見方があったのか』と、勉強になったりします」

「AV女優にとって、一番ダメージが大きいのは……イベントが増えたことでファンと接する機会も増えて、元気をもらえるときが多いけれど、『推し変』されて、それを公言されるのがキツいです」

「ファンから、『あいつ、○○ちゃんのところにいったよ」と、陰口のような感じ(笑)で、聞こえるのはセーフですが、『ごめん。さようなら』とかをSNSに書いてくる人」

「これは……我慢していても、ダメージが大きいです!」

「それと、ファンのかたの善意として解釈しても、イベントに関して、『今回は行けないけど頑張ってね』もキツい……だってこの人は来ないんですから、マイナスカウンターが聞こえちゃう」

「AV女優が、アダルトビデオの中でだけ、頑張る時代じゃないと、みんな言います」

「外向けのアプローチ……例えば、DVD販売サイン会で、『着実に、目に見えるファンを増やしましょう』とか、『Twitterのフォロワー目標はとりあえず1万人から』とか、撮影じゃない見えないノルマがあります」

「それでもイベントで、人の優しさや笑顔に触れることで、『ああ、頑張ってよかった』と思えるようになったのに、SNSでここまでマインドをボコボコにされるとは思いませんでした」

「アンチの攻撃よりもキツい、『善意と思っているけど、こっちからしたら悪意でしかない』のを、なんとか控えめに……いや、お前ら! 絶対にやめろぉぉぉぉぉ!」

 

 

風俗嬢・Bちゃんの言いたいこと

「不潔にしてくる!?長時間何もしない!?意味不明なお客様、お願いします!」

「どんなお客さんが嫌いか……人間ですからねぇ(笑)でも、ブサイクとかより圧倒的に不潔な人がダメですね」

「まず肩にフケがかかっているとか、ハグされて異臭(笑)がするとか」

「なんか、『臭い状態で来て舐めさせる』とか、どこで男を回復しているんだ! みたいな人多いみたいです」

「それと、オラオラ系とか、『挿入させて』は、お店に通報しちゃえば、なんとかクリアできるんですが、完全に恋人と勘違いしている人は、徐々に辛くなってきます」

「長い時間を予約してくれる人って、基本的には何度目かの人だから、お店も私も安心なんです」

「毎回、いろいろなお土産を買ってきてくれるし、『今月だとこのぐらいかなぁ?』とか考えたりします」

「ただこれが、『恋人になって』レベルならば笑ってごまかせるんですが、『結婚しよう』」となってくると、ガチの頻度がすごい高いんですよ!』

「プレイしようとすると、『そんなことしなくていいよ』って……お店に来るな! と言いたくなる」

「実際、そうなった人がいたんですが、どうやらストーカーになっちゃって、私の出勤を見て、待機場所の側で待っているんです、この前、『やあ!』って偶然を装って近づいてきたときは、本当に身震いしました」

「それと最近、めんどうくさいなぁと思うのは、写メ日記みたいなブログをアップすること」

「ちょっとセクシー、ちょっとご報告、ちょっとお客さんへの内緒っぽい(丸見えですが笑)メッセージとかですが、これがすごい効き目があるそうです」

「閲覧されるのが多い人は、名前が出ただけで、出勤前日には予約が一瞬で埋まるとか」

「どうしてもお金が必要になり、風俗嬢になったけれど、周囲の友達には内緒ですから、自分がそれをやってしまうとバレそうで怖くて……SNSってやらないとダメな時代なんですか?」

 

AV制作会社・Cさんの言いたいこと

「クリエイターとしての探求とパクリのチェックは違うんですよ!」

「AVって、月に何本も出しますので、アイデアをどこからひねり出すかは問題です」

「映画やドラマ、アイドルの動向や世間のニュースなど、ヒントになるものは外側にあります」

「なんですが、営業サイドから来るのは、『どこそこメーカーの作品が当たったので、それをやってください』と言われるんです」

「モチーフにしろとかではなく、『セリフも一字一句違わないほうが、より売れると思います』って」

「もちろん、『これはビジネスである』と分かっていても、譲れない部分って出てくるんですが、『そういうこだわりっていらないです』と、一刀両断されます」

「自分の作風と時代性だけでなく、女優との奇跡のマッチングがあればこそ、AVには予想もつかない大ヒットがあったのですが、もうそういうヒットは出ないんじゃないかなとか、作りつつも悲観的になってしまいます」

 

 

AV会社・営業マンDさんの言いたいこと

「店舗様!SNSで女優たちの作品を語らないで!」

「とにかくAVを売らないと、会社は成り立ちません」

「最近は、サイン会をやってもらうので、営業ながら女優さんと会う機会も増えました」

「会えばやはり情が移りますから、『○○ちゃんのキャンペーンを』とか、戦略性にも色々考えたり」

「都心部や地方に行って、店舗さんと会って、『どの女の子が売れている』とか、『売筋の傾向』を聞いたり、『このお店は、どういう傾向をプッシュしている』とかを調査します」

「一番、最近めんどうなのは、Twitterやブログで、独自レビューをアップすることですかね。見ていてくれている証拠なのですが」

「作品を褒めるために、他社の別作品を匂わせつつ、比較して作品を上げるのですが、逆に落とされたほうにも、女優は出てます」

「AV女優でエゴサーチしていて、ショックを受けちゃう子がいるんです」

「イベント開催をお願いしつつ、言動やSNSを厳重注意すると、相手も人間、良い感情を持たないです(笑)」

「なので、営業マンとしては、店舗は褒めるだけにしてもらいたい……『本屋のポップなどと同じじゃないか?』とか、『店舗努力をいろいろ言うな!』と思う人も多いと思うんですが……」

「AVって購買層や店舗に入る層が限定的なので、ピンポイントに対象に当たっちゃって、本当に売れなくなるんですよ!」

 

まとめ〜誰もSNSを止められません!?「王様の耳はロバの耳」

今回のネタ元ですが、「特定の誰それ」というよりも、「いろいろな意見を足すと、これが一番突出している」話です。

そもそも文句なんて、社会のどこにでもあるのですが、AVや風俗などのエロ業界は、特に、「一般人たちのサンドバッグ」なイメージがあります。

しかし、サンドバッグではなくて人間なので、我慢にも限界があり、叫ぶためのSNSがあります。

エロ業界人たちの嘆きと怒りから伝わるのは、今の時代、ほとんどの人が「自分しか見ていない」視野狭窄に陥っているのかも、という恐怖です。

 

 

麻雅庵(あさがあん)のその他の記事はこちら

 

麻雅庵(あさがあん)

人は私を、「AV業界重鎮ライター(笑)」と呼ぶ。理由は、「やたらAV女優と知り合いだから」。その関係性から知り得る、AVにおける「意図していないけど、こぼれ落ちている」部分を紹介していきたいです。

 

1PO3BUとは? 最新の記事を読む

この記事が気に入ったら いいね!しよう

注目記事

新着記事