理想の老後がこの中に! 高齢者に夢と希望を与える新レーベル R(アール)68

 男68歳にして華やぐ理想の老後がこの中に!

高齢者に夢と希望を与えるお爺ちゃん目線にたった新レーベル

R(アール)68

 

4人に1人は65歳以上という超高齢者社会を迎える日本。

AVユーザーも同じように高齢化が進んでいます。

そんな高齢者たちをターゲットにした新レーベルが誕生しました!

出演男性は68歳以上、出演女優は30歳以上のしっとりとした美熟女にこだわり、

高齢者の見やすいAVを追求した『R-68』の魅力を、ながしめ監督に直撃してきました。

 

 

生きる力に満ちた紳士たちの雄姿をご覧いただき、皆様の明日の活力の源としていただければ幸いで御座います。

 

R-68のこわだり

 

・68歳以上の男性が出演!

・女優は若すぎない三十路、四十路の美熟女

・人情ドラマと実録ドキュメントの2部構成で高齢者の見やすさに特化

 

 

R68 ながしめ監督にインタビュー

 

―R68を思いついたきっかけはあるのでしょうか?

「一般の映像の仕事をしていた時に老人ホームを取材したことがあったんです。

そこで介護士のかたに聞いたんですけど老人ホームの消灯は20時で、でもその後に夜な夜なお爺ちゃんたちが起きてきて、みんなで見れる広間のTVでみんなでAVを見ているらしいんです」

 

―え!みんなでですか?

「そうなんです。

そこでオナニーするわけでもなく、チャンバラを見るかのように和やかに見ているそうなんですよ。

それってすごく素敵なことだなって思って。

AVが元気を与えることに役だっているんだな、と」

 

―エロって若さの維持につながるのかもしれませんね

「そこで、そのホームで1番のスケベ親父を紹介してもらったんです。

どういうAVが見たいですか?って聞いたら、まず若すぎる子は孫に見えてしまうから嫌だと。

30代~40代くらいのしっとりしているのがいいと。

あと、電マや潮吹きみたいな激しいものもわからないそうなんです。

あと看護師も嫌だと…身近すぎるかららしいんですけど。

そんな意見を参考にして、高齢者の方がが見やすいAVを作りたいと思ったんです」

 

―実際の意見を取り入れているんですね! 老人もののAVってほかにもありますけど、根本的に内容が違うんですね

「既存の老人AVって、いわゆる老人がキモメン扱いされているものが多いんですよ。

若い女の子にシワシワの老人が群がる…みたいな。

それが許せなくて。

やはり高齢者って人生の先輩であり、尊ぶべきものじゃないですか。

老人って何も知らない生き物扱いだと思うんですけど話を聞くと、ちゃんと人と触れ合いたいっていう気持ちも持っているんですよ」

 

―このR-68では、そんな素人おじいちゃんが中心に出演していると聞きました。

「スポーツ新聞の三行広告や、週刊誌などで募集をかけたんです。

それで面接をするんですけど正直、出てくれるお爺ちゃん探しが1番大変です。

こだわりとしては、本当の68歳以上の男性を起用しています。

既存のAVだと若い男優にシワをメイクしたりするんですけど、やっぱりバレてしまいますからね。

ぜひ読者のかたで68歳以上で出たいという方は1度連絡をいただければと思います」

 

―作品のこだわりを教えてください!

「ドラマパートと、ドキュメントの2部構成にしています。

お爺ちゃんの意見を聞いて、ドラマのほうが見やすいということで。

内容も、息子に大事にされていない嫁と禁断の関係に…というような身近なタブーをテーマにしていています。

でも悪い人は出てこない、安心して見れる人情ドラマになっています。

ドキュメント部分は『極楽指南』と名付けて、その出演してくれたお爺ちゃんの愛撫方法や女性を悦ばせるテクニックを披露してもらいました。

酸いも甘いも経験したお爺ちゃんの生きざまを感じてください」

 

―シリーズ1作目の『義父はつらいよ』や、『七年目の夜這い』などドラマのタイトルが特徴的です!

「どこかで聞いたような響きにすることによって、何かしら引っかかりがほしかったのでこんなタイトルにしています。

『義父はつらいよ』では、出演していくれた平次郎さんがドラマの中で短歌や俳句を詠みあげたり『七年目の夜這い』では地下鉄じゃなくベランダで…ですが、下から吹き上げる風でスカートがめくれるシーンを入れたりとか」

 

―どこかで見たような、懐かしさを感じるような演出なんですね!

「パッケージもそうなんですけど、昔のエロ本のような雰囲気にしています。

若かりし頃に1番興奮した時代のものを回顧してほしいという想いで。

正直、まだ実験的ではありますが、ほかの熟女・老人AVとの違いも出したいと思っています」

 

―撮影で大変なことってありますか?

「お爺ちゃん探しが1番苦労しますね。

撮影では、本当にみなさん生き生きとして楽しそうにしてくださるんですよ。

プロの男優では出せない本当に満足した笑顔はほかのAVではない部分です。

それによって、女優さんもより気持ちが入って、濃厚なSEXが収録されていると思います。

このレーベルの撮影をして、欲が出るって素晴らしいことだな…と改めて思いました。

欲=生きる力ですから。

この無欲で草食男子が増えてリアルなSEXはめんどくさいという時代なので、ぜひ若い人にも見てほしい作品になっています」

 

―今後の展望を教えてください

「作って売りました…だけではなく、ご意見をいただきたいですね。

あともし機会があれば老人を集めて上映会をしたいですね。

各老人ホームや巣鴨のお土産物屋に置かれるくらいになりたいです。

あと男目線のAVと違ってお爺ちゃんたちが本当に女優さんを大事に接しているので、若いユーザーさんにも見てもらってSEXの良さを再確認してもらって少子高齢化にも歯止めをかけられるようになればいいなと思います。

生きる力に満ちた高齢者の雄姿を見ていただいて、明日への活力の源にしていただければと思います」

 

 

 

来たれ紳士諸兄!R-68出演者募集

満68歳以上で健康なかた、ヤル気のあるかた大歓迎です。

バレたくない、顔を隠したいなどの相談にも応じます!

皆様のご応募を心よりお待ちしております。

164-0012 東京都中野区本町6-20-12 SAN新中野ビル3階 SODクリエイト㈱ 「R-68出演希望」係

TEL 03-5328-7117 担当 豊田(とよだ)

ながしめ監督より「極端な話、勃起できなくても『おっぱいが舐めたい』という気持ちだけでもいいと思います。

面接ではその人の人生や人となり、女性をいかに大切にしてくれるか…というところを重点的に聞かせていただきます」

 

 

R68 男68歳にして華やぐ せがれの嫁さんいじり

 

https://ec.sod.co.jp/prime/videos/?id=SDMU-662

第一話

『義父はつらいよ ~平次郎恋しぐれ~』

出演 安藤平次郎80歳 鮎原いつき41歳

仕事もうまくいかず不能な夫に悩む息子の嫁・いつき。

冷たい夫に寂しさを感じていたいつきは、義父・平次郎の優しさに触れ、さらなる愛情を求めて…!?

第二話

『七年目の夜這い』

出演 大場利一71歳 葵紫穂41歳

夫を交通事故で亡くした美しい未亡人・紫穂は同じく妻に先立たれた義父の利一と一緒に暮らしていた。

すぐに再婚相手が見つかりそうな紫穂に「こんなジジイと暮らしていたら婚期を逃すぞ」と気遣って声をかけると悲しそうな顔をして…。


  • 平次郎と利一の極楽指南も収録

 

 

 

R68 男68歳にして華やぐ 浪漫ポルノのおんなたち

https://ec.sod.co.jp/prime/videos/?id=SDMU-663

 

 

第一話

『夫の目の前で、いま!』

出演 徳田清次郎 82歳 児玉るみ 38歳

夫の浮気を知りつつ欲求不満の日々を送るるみ。

清次郎はそんな息子の嫁・るみの官能的な身体に妄想を抱いていた。

やがて妄想なのか現実なのか…最後は息子に見せつけるように…!?

 

 

第二話

『未亡人の寝室~喪服の女~』

出演 河合耕作 79歳 広瀬 奈々美 37歳

夫も実の父も亡くし、天涯孤独となった未亡人・奈々美が義父の家を訪ねてきた。

義理とはいえ家族として頼ってきたセガレの嫁を住まわせることにした耕作。

葬式からずっと喪服を脱がない・奈々美を気にしていた耕作だったがある日、「お義父さん…さみしいの…!」とオナニーしているところを目撃してしまい…。

清次郎と耕作の極楽指南も収録

 

 

 

R68 男68歳にして華やぐ ホーム スイート ホーム 夏の日の夢

https://ec.sod.co.jp/prime/videos/?id=SDMU-664

 

 

『ホーム スイート ホーム ~夏の日の夢~』

出演 黒崎誠二 78歳 しほのちさ 28歳

セガレの嫁に惚れた兄と弟…そして情に揺れる女の弱さ…

セガレの嫁・ちさに秘かに恋心を抱く義父・誠二。

そして家に転がり込んできた誠二の兄の亀一。

亀一もまた、ちさと触れ合うことで生きる活力を取り戻していた。

なかなか帰らない夫に寂しさを感じていたちさは2人と関係を持ってしまうが…!?

誠二の極楽指南も収録

 

 

画像アリのその他の記事はこちら

※最新の ソフト・オン・デマンドDVDの購入はこちら

 

1PO3BUとは? 最新の記事を読む

この記事が気に入ったら いいね!しよう

注目記事

新着記事