フェラは好きだけどクンニはやめて!って女の子が急増中!?

フェラチオに抵抗なく好きと答える世代が登場!

可愛い女の子が、おちん●んをしゃぶるフェラチオ。

自分にされても天にも昇る心地だし、見ているだけでも興奮してきます。

AVがポルノ映画などの「劇場型動画エロ」に勝利したのは、在宅というキーワード以上に、「フェラチオ」を表現したからと言われています。

 

体で隠し、音だけで表現していた時代に、モザイク越しとはいえ、肉棒を実際に舐めているシーンが目の前に登場……その衝撃度合いは強かった。

AVは、VHSデッキの普及とレンタル店の急激な成長によって、80年代後半から王者に飛び出した理由のひとつが、「手軽に見れるフェラチオ」でした。

さてその時代から30年が過ぎた現在、女の子たちに「フェラチオ」は、「SEXするときの、ノーマルプレイ」に変化しています。

10年ちょっと前は、「好きな男の子がせがむからやってあげる」イメージだったのが嘘のように、「フェラチオ大好きです♪」と、目をキラキラさせて答える女の子たち。

さらに、「口に出される」話題をふると、「アンダー25」は抵抗なく、「オーバー30」は、AV女優であろうと関係なく、「精子は苦手です」と答え、抵抗感を露わにします。

もはや別の生き物(笑)

数多AV女優にインタビューしている側として2018年の実感です(笑)

 

「フェラ好きな彼女 一般カップルたちのプライベート動画流出」

https://ec.sod.co.jp/prime/videos/?id=SDDE-482

 

 

ナルシスト傾向の強いアンダー25女子

ところが、アンダー25の別の特徴として、「クンニはしなくて(されなくて)いいです」と回答があります。

オーバー30は、「舐めないとその後は何もしてあげない(笑)」というくらいに、クンニは大好きで、「愛情表現」として受け止めていましたのですが、アンダー25は、そこには、愛情よりも、「相手の趣味プレイ」として感じているようです。

「クンニ嫌い」と答える彼女たちの理由の筆頭は、「恥ずかしい」でした。

ところが、最近の女の子には、「男の子を発情させる自分」が好きなナルシシズムが強い傾向があります。

アイドルのミニスカパンチラ衣装、コスプレでの露出、グラドルたちまでも、「童貞を殺す服」を着てみせたり、エロ以上の女の子カルチャーまで広げて考えても、「見せることへの抵抗感」は喪失傾向にあります。

「恥ずかしさ」に対する考え方の変化は、「自覚しているエロ」での誘惑はありですが、「自覚できないエロ」への抵抗感と言えるでしょう。

最近は、AV女優のインタビューでもあんまりいないですよ、「アソコを鏡を使って見る女の子」(笑)

 

 

モザイクチ●ポを見てきた世代

「自分から積極的なエロは良し」という話の証言がこちら。

「股間を相手にさらけ出すことが恥ずかしい」とコメントしてくれた昨年デビューの新人女優ちゃん(SOD系♪)がいました。

「アソコが見られることだけは恥ずかしい」と言ってました。

ん? おっぱいは恥ずかしくないのか?

「おっぱいは、見せてもいいかな……けっこう型も気に入っているし、見られて喜ばれるのは楽しい」と笑顔で答えるその子は、小さいころから女の人のおっぱい好きだったそうです。

日本特有の、「検閲状況」の影響を感じさせずにはいられませんでしたねぇ(笑)

丸見えは御法度なので、動画の場合、AVから波及したモザイク消しを筆頭に、洋画の見えている映像は、ボカシを上から乗せて消したり、フィルムに傷を入れて見せなくしたりしてました。

その後、モザイク修正がギリギリを狙いだした結果、フェラシーンでチ●ポを舐める口、唇、舌の動きは、「視覚認識可能」なモノとなりました。

オマ●コは、ハメしろ(挿入している最中)は見えますが、意外とちゃんと見えない(見せない)。

 

この結果、「アソコを見られるのは恥ずかしい」という思考が芽生えたのではないでしょうか。

 

 

まとめ〜「クンニ嫌い女子」はAVが作ったかもしれない?

女の子の性に対する変化は、AVを見ている女の子たちによってもたらされた傾向を強く感じます。

見た目慎ましい女の子だとしても、ここまでスマホが普及してしまえば、AVのサンプル動画を見ることは簡単ですし、AV女優が好きで、AVを買う女の子も登場しています。

また、AV動画を見ていなくとも、「AVからのSEXへの影響」は隠すことができません。

最後に、クンニ好きの男子への朗報として、こんなAV女優ちゃんのお話をつけておきましょう。

男子諸君も、AVの影響で、「プレイが段取り化」しているのが分かるコメントです。

「いちいち、『クンニするね』と確認せずに、プレイの流れの中で舐められたら、恥ずかしより前に気持ちいいので、言わないでほしい」。

やはり、男女ともに、AVからの強い影響を感じる2018年の日本のエッチ事情なのです。

 

麻雅庵(あさがあん)

人は私を、「AV業界重鎮ライター(笑)」と呼ぶ。理由は、「やたらAV女優と知り合いだから」。その関係性から知り得る、AVにおける「意図していないけど、こぼれ落ちている」部分を紹介していきたいです。

 

麻雅庵(あさがあん)のその他の記事はこちら

 

 

麻雅庵(あさがあん)

人は私を、「AV業界重鎮ライター(笑)」と呼ぶ。理由は、「やたらAV女優と知り合いだから」。その関係性から知り得る、AVにおける「意図していないけど、こぼれ落ちている」部分を紹介していきたいです。

 

1PO3BUとは? 最新の記事を読む

この記事が気に入ったら いいね!しよう

注目記事

新着記事