ロリ好きで何が悪い!?

ロリ好きで何が悪い!?

 

ロリの始まり

 

喧しくニュースに上がるJKビジネスですが、ロリを愛でる文化と混同されているかと思います。

 

実際のロリ好きが、エッチに至らないのは、ロリという言葉の元祖と言われるウラジーミル・ナボコフの名作小説「ロリータ」を元にしており、それを原作としたスタンリー・キューブリック監督の映画が有名……うんちくを混ぜてみました(笑)

 

日本においては、源氏物語の「紫の上」という元祖ロリータアイドルがおり、「子どものころに引き取り、そのまま妻とする」描写が、「日本男はロリータだらけだ!」と声高に叫ぶ団体の引き金になっております。

 

紫式部は女性なのに、ロリの親玉にされているわけだ(笑)

 

そして、漫画の神様・手塚治虫のマンガは、ロリに限らずエロ要素が山ほど含まれているのは、最近では周知の事実でしょう。

 

マンガは、80年代の同人誌文化と合致したことが「合法ロリ」の嚆矢だと思っています。

 

 

 

さらにリアルなアイドルカルチャーの誕生

 

ロリを標榜する人たちの盛り上がる時代背景には、さらなる要素があります。

 

それが、世界に誇るクールジャパンが育んだアイドル文化です。

 

1970年代、山●百恵さん、デビューしたとき15歳で、「ひと夏の経験」歌ってますが、これこそ「合法ロリ」の分かりやすい例ですが、その段階ではまだ語られたわけではありません。

 

百恵ちゃんなどの成功が、80年代のアイドル文化を誕生させ、やがてはおニャン子クラブへと帰結していきます。

 

ちなみに当時の女の人たちは、「アイドルたちを気持ち悪がっている」人は多かったですよ。

そして、AVでは、「宇宙企画」があるのですが、「おニャン子クラブ」とほぼ同時期の発生なので、「ロリ萌芽」の時期の言え流でしょう。

 

男の心の奥底に眠るロリ要素が、AVと結びつき、宇宙企画という名物レーベルを誕生させたのです。

 

 

 

21世紀に新世代のロリが誕生

 

1990年代のロリ系AV……というか制服系AV(当時、JKなんて言葉はありません)に圧倒的に少なかったのは、「ロリなAV女優」でした。

 

どうしても子ども体型(今でいうちっぱいとか、チビっこ系)は、当時のAVが目指していた、隠微な世界観からすると、どうにもマニアックすぎて、キャスティングに無理が生じるし、時代的に2年弱で引退するAV女優がほとんどでしたので、制服AVのアイコンたる宇宙企画ですら方向転換を強いられます。

 

そのまま消えていくと思ったロリ制服系AVですが、00年代に入る直前に、SODが「往年の宇宙企画のAV」を誕生させたくてできたタイトルが、「うぶ」です。

 

1998年に同タイトルでデビューしたのが、森下くるみ。

森下くるみ うぶ

 

 

SODはおろかAV界を牽引するアイコンとなった森下くるみの誕生は、最近の合法ロリAV女優人気を先取りしていたように思えてくるのです。

 

 

 

アイドルが牽引し、ロリAVが復活する

 

2005年に誕生したA●BGは、当初はあのアンダーがチラチラ見えるミニスカ衣装によって、「パンチラ集団」と呼ばれていたこと、知らない人も、もう多いんだろうなぁ。

 

それ以前から爆発的に増えていった地下アイドルたち、そしてメジャーアイドルたちは、「合法ロリ」的な要素で人気を博します。

 

これによって、「女の子たち」が、「見せる楽しさ」を覚えてしまったようです。

 

これにより、ロリ系AV女優が、2017年のAVを牽引する役割を担うまでに成長します。

 

今、一番リリース力を持っている栄川乃亜ちゃんと麻里梨夏ちゃんの2人は、どちらもチビっこであり、とても可愛くエッチな「小悪魔」っぷりを発揮しています。

栄川乃亜

われら、ロリ帝国軍!『捕まえた敵兵を性奴隷にして真正中出しさせたゾ』編

 

 

麻里梨夏

ビッグバンローター!自分から腰を振って、野外潮吹きをオネダリしてくる露出願望娘 3 麻里梨夏

 

 

他にも、同人的なイラストも得意、もともとコスプレイヤーであり、脳内妄想を一致させるためにAV女優になったあず希ちゃんは、理想的なロリAV女優です。

 

あず希AV

あず希 ロ●ータ中出し20連発

 

 

SOD的には「青春時代」は、甘酸っぱい雰囲気を味わいつつ、限りある時間を過ごしている女の子を描いているレーベルです。

 

青春時代AV

「私、本当は男性を犯してみたいんです」 涼海みさ 18歳 SOD専属AVデビュー

 

 

 

 

まとめ〜合法ロリを愛でる人に変態無し

ここで言えるのが、「合法ロリ」を愛でたり楽しんだりする人から、直接的な行動はあり得ない事実です。

 

JKビジネスとかに手を出して楽しんじゃっているオヤジや青年こそ、まさに闇を抱えた存在でしょう。

 

合法ロリAV女優は未成年ではありませんから、彼らの視線には入らないのです。

 

まるで「ロリータ」のハンバート教授のような、「小悪魔に振り回される」悦楽に浸ることを疑似体験しているのだから、変態というよりむしろ健全な精神と言えるでしょう。

 

麻雅庵(あさがあん)

人は私を、「AV業界重鎮ライター(笑)」と呼ぶ。理由は、「やたらAV女優と知り合いだから」。その関係性から知り得る、AVにおける「意図していないけど、こぼれ落ちている」部分を紹介していきたいです。

 

 

1PO3BUとは? 最新の記事を読む

この記事が気に入ったら いいね!しよう

注目記事

新着記事