着衣プレイを上手に楽しむ意味とその方法

季節限定プレイではありません!「着衣エッチ」の勘違いの是正

 

 

 

寒い季節どころか、「例年よりも厳しい12月」と言われている2017年。

 

いかがお過ごしでしょうか?

 

AVを経て、アダルト取り扱うメディアによって認知された、「着衣プレイ」。

 

いわゆる「服を脱がない状況からスタートするエッチ」ですが、勘違いが見受けられるので、ちょっと是正しておきます。

 

まずひとつ目の間違い「冬だからこそ、服を脱がないで暖まりながらのエッチ」というのは、ちょっとした勘違いです。

 

夏だって、冬だって、「手を服に入れられたい女子」と、「服に手を入れたい男子」の数に変わりはないでしょう(笑)。

 

最近ならば、「チャックを下ろしたい女子」と、「チャックを下ろしてもらいたい男子」も増えていることですし、「着衣プレイ」は、「冬季限定エッチ」ではないです。

 

暑いからこそ、汗ばんだ服を弄る楽しさがありますから(笑)

 

ふたつ目の間違い「オヤジが好むプレイ」というのがあります。

 

「女の子の服を脱がしながら、『ムフフ』とエロい笑顔を浮かべてのエッチということですね。

 

それ、着衣エッチではありませんから!

 

熟女AVとか熟女ヌードが人気が高いように感じますが、実は若い子のほうが圧倒的な数を誇ります。

 

オヤジとなれば(これは年齢じゃなくて思考の問題)若い子とのエッチならば即ヌードを見たがる。

 

視覚に入ったもので興奮する幼稚性ですね(笑)

 

以上の話から、「着衣プレイ」を好む人=脳内刺激を自己分泌できる、「脳内刺激型」のプレイを好むわけで、世代間にそこまで差はない。

 

インテリと変態が融合されたプレイこそ、「着衣プレイ」と言えるでしょう。

 

 

「紗倉まな タートルネックニットの誘惑 駅でいつも見かけるお姉さんの揉みしだきたくなるようなパンッパンッな胸の膨らみに興奮させられて・・・」

https://ec.sod.co.jp/prime/videos/?id=STAR-680

 

 

 

服を着たままでの興奮は脳内を刺激する!?

 

服の上から揉んだり、スカートの中などに手を入れるプレイ。

 

考えてみると……合法的な痴漢だな、これは(笑)

 

しかしながら、痴漢との絶対的な違いを書いておきましょう。

 

痴漢は、理性のタガが外れかけた「酔った状態」で起こします。

 

お酒だけでなく、可愛い子……というかエロい子(いますよね、見た目からエロい人)を見てしまい、「あり得ない場所の状況に興奮」してしまい、起こす。

 

それを、「お互いの同意と理解」の上で行うのが「着衣プレイ」なのです。

 

男も女も、「している行為のエロさ」に酔いしれちゃう。

 

「愛撫がエロい」って、やっぱりエッチとしては重要なのですね。

 

男はスカートの中に手を入れ興奮し、女はスカートに入れられて興奮し、女は男の勃起をスボンの上から触り興奮し、触られた男はさらに興奮し……(以下繰り返す)

 

脳内ではドーパミンがドバドバと放出されていることでしょう!

 

相手の行為を見て、自分がされている行為を見て、さらに触感も加わり刺激するのが、「着衣プレイ」なのです。

 

 

 

アダルトビデオにおける着衣プレイを見つつルールを決めよう

 

「服を押さえ脱がされまいと抵抗する女に着衣越し乳首いじり痴漢の洗礼」

https://ec.sod.co.jp/prime/videos/?id=NHDTA-986

 

 

「完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺」

https://ec.sod.co.jp/prime/videos/?id=FSET-678

 

 

「ローションにハマった女」

https://ec.sod.co.jp/prime/videos/?id=FAA-147

 

 

「着衣イカセ!!」

https://ec.sod.co.jp/prime/videos/?id=WAKM-012

 

 

 

着衣プレイの問題点に、「どのタイミングでシャワーを浴びる?」というのが最大のポイントです。

 

これほどまでに「清潔であれ!」となっている時代に、一日仕事を終えた状態のまま、エッチスタートというのは、「よほどの変態」でないと、お互いに受け入れることはできないでしょうし、相手に失礼です。

 

AVって、着衣プレイだとしても、シャワーを浴びてから、綺麗な服を着てエッチに挑むわけです。

 

ゴムだって準備されているし、「勢いでハメている」演出です。

 

ドキュメンタリー作品に関しては、「人はどこまで映像を信じるのか」としておきましょう(笑)

 

激しく楽しい非日常的なエッチを、さらに楽しむならば、「それ相応の準備」が必要ということ。

 

最初にイチャつくぐらいは良いとしても、シャワーぐらいは浴びましょうね、実際の話。

 

「ヤリたい気持ち」を即行動に移すのは「着衣プレイ」ではないのです。

 

「一方的な押し付けエッチ」は、カップルですら痴漢犯罪と同じと思ったほうが懸命です。

 

 

まとめ〜ルールを守るエッチだからこそ楽しめるのです

 

誕生日などのサプライズ演出と同じように、「興奮した勢いでエッチするほうが楽しい」と反論したい人はいることでしょう。

 

しかしそれは、一瞬の快感でおしまいです。

 

エッチ終了後に精も根も尽き果てるほどの、興奮快楽を収めたいのならば、スタート前の準備が大事。

 

そして、「女の子のエクスタシー曲線」と同じ動きをすることが大事です。

 

男はどうしても、勃起からの射精という短絡性を持ってますが、そういった「男根主義」を改めることにより、さらなる快感が待っている。

 

「AVは準備万端で、しかも興奮要素をじわじわ高めてくれて、なおかつ実は優しい」と考えて、どんな女の子でも、「一度はAVのエッチがしたい」ってなる日が、意外と目の前に迫っている気がします。

 

「相手の思いをかなえること」が、本当にプレゼントではないでしょうか。

 

メリークリスマス!

 

 

麻雅庵(あさがあん)

人は私を、「AV業界重鎮ライター(笑)」と呼ぶ。理由は、「やたらAV女優と知り合いだから」。その関係性から知り得る、AVにおける「意図していないけど、こぼれ落ちている」部分を紹介していきたいです。

 

麻雅庵(あさがあん)のその他の記事はこちら

 

1PO3BUとは? 最新の記事を読む

この記事が気に入ったら いいね!しよう

注目記事

新着記事