AV女優すら「恥ずかしい!」と騒ぐエロプレイとは?人間の羞恥心を探れるかもしれないお話!?

 

 

誰にだって「恥じらい」はあるのです!

 

「羞恥心」があるから、人はヌードに興奮します。

 

その視点から見ると、「AV女優」は特殊な女の子と思いがちだし、思われがち。

 

しかしながら、そこにあるのは、「ある覚悟を決めた」女性の姿だと思うのです。

 

そんな覚悟を決めたはずのAV女優にも、「これは恥ずかしい!」と思うプレイがあります。

 

そんな微妙な心の機微を探り当てていくことで、AVはもちろん、普段の男女の関係に別の刺激を生み出すはずです。

 

 

 

 

「恥ずかしいこと」は時代で変わる

 

今ではポピュラー中のポピュラープレイ「フェラチオ」。

 

未だに抵抗がある女の子もいると思いますが、AVがごく自然に存在する現在の日本では、「することが当たり前」なプレイになっているのです。

 

ピンサロの2巨頭プレイは、「ベロキスとフェラチオ」でした。

 

往年は、彼女にお願いすることもできず、お金を払って、ここでしか味わえないプレイだったわけですが、昨今、ピンサロが廃れているのは、この2つのプレイが、「ノーマル」に片付けられてしまったからでしょう。

 

AVの影響によって、「恥ずかしいプレイ」ではなくなった典型例です。

 

 

 

恥ずかしいランキング3位「着衣プレイ」

 

いわゆる「本人の資質的なスケべさ」が丸出しになっちゃうのがこちら。

 

ちゃんと服を脱いでスタートする、ラブラブなエッチよりも、ちょっと乱暴に扱われたほうが興奮することを、露呈してしまうからでしょうか。

 

AV女優だって、実は「変態」とは思われたくない女心の現れだと思います。

 

おすすめ着衣AV

「同僚のデカ尻タイトスカートに発情しちゃった俺」

 

 

 

 

恥ずかしいランキング2位「パンチラ」

 

風俗サイトの「嬢の写真付き日記」が最近、高い人気を誇るのですが、ここにはヌードは載ってません。

 

パンチラだとか下着見せだとかで対応します。

 

これは、「ヌードを載せることのできない」風俗店舗サイトの苦肉の作だし、顔出しできないことを逆手にとり、「下着は見せちゃう」という手段だったのですが、これが大人気になっています。

 

おっぱいを見せるよりも、女の子が自発的に「下着を見せる」ことに興奮するのでしょう。

 

AVだとこれに顔が加わりますが、「とてつもなくスケベな子」に見える。

 

現場での恥ずかしさではなく、パッケージになったときに、それを見せられると、「恥ずかしさに耐えられない」となるそうな。

 

ヌードには、いろいろな逃げ口があるけれど、パンツを見せる行為には、逃げ口がない。

 

ちなみに、AV女優ファンの女の子は、「とても可愛くて興奮する」そうですが、まさに「女心」の機微が伝わるのでしょうね。

 

おすすめパンチラAV

「ミニスカートでスラっと足が長いモデルみたいな女子高生が中年の私にパンチラを見せつけ誘惑してきたのは嘘じゃありません」

 

 

 

恥ずかしいランキング1位「お漏らし」

 

「潮吹き」が特殊プレイにならなくなってしまった昨今、普通の女の子でも「吹いたことがある」と告白する人がいますね。

 

「吹くのはいいけど、その後におしっこに行きたくなる」そうですが、潮吹きのメカニズムを解明するのに、この言葉は役立ちそう。

 

「出ちゃう潮吹き」ではなくて、「自発的にするお漏らし」が人気タイトルになっています。

 

そして女優さんにも、「あれだけは恥ずかしくてたまらない」と言わせています。

 

00年代には、マニアプレイだった「お漏らし」は、人気単体女優をさらに追い込むプレイとして、組み入れられ、AV女優たちを「羞恥心の嵐」に突き落としているのです。

 

おすすめお漏らしAV

「入院している可愛い女の子の尿瓶放尿」

 

 

 

恥ずかしいランキング番外編「マジックミラー号」

 

羞恥心を刺激するために、知恵をしぼりできたのが、ご存知、「マジックミラー号」です。

 

外からは見えないけれど、中からは行き交う人が見えるし、ときおり、窓越しに外の人と目が合う(錯覚ですが)こともあり、恥ずかしさはウルトラ級。

 

素人はおろか、AV女優でも、「恥ずかしさのどん底」に叩き込む「マジックミラー号」は、永遠不滅の人気を誇ります。

 

おすすめAVマジックミラー号

 

「マジックミラー号×ROCKET女子アナ 名門大学カップル限定!アナウンサー志望の彼女が淫語女子アナ体験」

 

 

まとめ

〜人は「恥じらい」があるからイヤらしさを感じ興奮する

 

どれだけヌードが氾濫し、SNSの奥でこっそりとおっぱいはおろか、オマ●コまで披露する女の子がいますが、そういう子がAV女優予備軍と思われがち。

 

ところが、そういう子が、AV女優になっていることは、2017年現在、とても少ないのです。

 

そんな「恥じらいに敏感な女の子」だからこそ、徹頭徹尾追い込むのが、「ヌードよりも恥ずかしいプレイ」なわけです。

 

演出にないであろう、恥じらいが見えたり、「実は恥ずかしい」と思っていると考えると、見ている側の興奮はひとしおではないでしょうか。

 

恥ずかしいプレイとは、見せる側も見る側のどちらにも、違う興奮が得られる「魅惑のプレイ」なのかも。

 

麻雅庵(あさがあん)

人は私を、「AV業界重鎮ライター(笑)」と呼ぶ。理由は、「やたらAV女優と知り合いだから」。その関係性から知り得る、AVにおける「意図していないけど、こぼれ落ちている」部分を紹介していきたいです。

1PO3BUとは? 最新の記事を読む

この記事が気に入ったら いいね!しよう

注目記事

新着記事