【前編】2018年1月28日「フェチフェス」レポート ~ビンタで恍惚を味わった話~

どうもこんにちは、カサイユウです。

今回は、2018128日綿商会場にて開催された「フェチフェス12」のお話。

「フェチフェス」

そのキャッチーにして強烈なインパクトを持つイベント名から、想像ばかりが広がりますが……。

百聞は一見に如かず!

というわけで、はりきって初参戦してきました。

 

【「フェチフェス」どんなイベント?】

初参戦にあたりまして。

まず「フェチフェス」とは……なんぞ?

フェチフェス公式ウェブサイト(https://www.fetifes.com/)によると……

『世界に誇るジャパニーズフェチという共通テーマの元に、アーティスト・コスプレイヤー・セクシー女優とジャンルの境界線を越えた、ボーダレスな即売会&パフォーマンスイベント』

とのこと。

ニッチなのか、アングラなのか、はたまたマジョリティなのか……?

これはますます、行ってみて実態を掴むしかないぞ……。

百聞は一見に如かず!!2回目)

なお綿商会館ですが、イベント会場としては大規模な建物。

その建物内の5フロアに、なんと100以上の出展団体、そして来場者たちがひしめいていました。

出展内容を大まかにタイプ分けすると、物品販売と体験ブース、そしてパフォーマンスステージの3通り。

エロを連想させるもの、させないもの、フェティッシュに特化したもの……と、その幅の広さはまさにボーダレス!

そこにあるのはフェチという共通項、ただひとつなのです。

グッと来るポイントや心惹かれる嗜好は、本当に人それぞれ。

足を踏み入れてみれば、なにかひとつ、心に引っかかるものが見つかるかもしれません。

ここからは当日お邪魔したブースをご紹介!

 

 

【炎魔印】

鞭の販売を行なっている「炎魔印(えんまじるし)」さん。

ブースにはヒョウ柄や薔薇柄と、可愛らしい雰囲気の鞭が並びます。

まず目を引いたのは、ポーチに入りそうなサイズのバラ鞭。

これは持ち歩きやすそう。

「女の子に大人気」というのも合点がいきますね。

当日ブースにいらしたのは、AV女優・パフォーマーの水無月み遊さん!

ミニサイズのバラ鞭を手に取り、オススメの使い方を教えていただいてきました。

 

 

【ケツ学堂】

会場を歩いているさなか、つい目を引かれたのは「ケツ学堂」さん。

こちらは巨尻をテーマとした作品を販売している団体とのこと。

インターネットでのダウンロード販売を行なっているそうなので、巨尻フェチはご注目を。

撮影させていただいたのは、巨尻モデルとして活躍中の”まつえ忍”さん。

もともと着ぐるみやヒーローマスクが大好きだったという彼女。

巨尻モデルとして、およそ1年ほど活動されているそうです。

当日は戦隊風のボディスーツに身を包み、狐面をかぶっていらっしゃいました。

お話の流れでまつえ忍さんのポートフォリオを拝見。

ピンク色スーツのキュートなお姿から一変、セクシーな表情が詰まっているではないですか!

まさに七変化……眼福であります。

さて、混沌とした雰囲気の会場内を、さらに回ってみると……。

 

 

【てんぐちん】

行き交う人々の様々な衣装で、ちょっとだけ目がチカチカしてきた頃のこと。

会場の一角で、天狗面の女性をキャッチ!

体験&グッズ販売ブースを出展しているそうなので、はりきってお邪魔してきました。

ラムちゃん風の衣装をまとうこちらの女性、お名前は”てんぐちん”さん。

こちらの体験ブースでは、あんなことやこんなことを、なんとワンコインでお願いできるそう。

お求めやすーい!

バラエティに富んだメニューを眼前にしばし迷うものの、一番受け慣れているビンタをオーダー。

さて……どうなる!?

……。

………。

………………ビンタを受けた直後、頭に浮かんだ単語は「恍惚」でした。

ごちそうさまです。

さて、イベントレポートはまだまだ続きます。

後編をお楽しみに!

(文=カサイユウ)

 

※カサイユウのその他の記事はこちら

■ライター カサイユウ

06元風俗嬢のアラサー。都内某所の飲み屋さんで働きながら、恋愛関連やアダルトコラムのライターをしています。好きなものはビールとお金。苦手なのは長時間じっとしていること。酒の失敗は3日で忘れます。痛みで興奮するタイプですが、変態ぶっているフシがあります。アラサーになってから不倫のお誘いをいただくようになったので、それとなくパパができないものかと思案中です。
1PO3BUとは? 最新の記事を読む

この記事が気に入ったら いいね!しよう

注目記事

新着記事