【後編】2018年1月28日「フェチフェス」レポート ~対人怖いライターが震えに震えた話~

どうもこんにちは、カサイユウです。

今回は、2018128日綿商会場にて開催された「フェチフェス12」のお話。

前編では鞭販売の「炎魔印」・巨尻作品の「ケツ学堂」・体験&グッズ販売ブースの「てんぐちん」をご紹介させていただきました。

※前回の記事はこちら

後編でも引き続き、心惹かれた出展ブースをご紹介していきます。

 

ARCADIA TOKYO(アルカディア東京)】

http://www.arcadiatokyo.com/

こちらは東京・新宿にあるSMバー。

コンセプトは『SMやボンテージ、緊縛や拘束、その他あらゆるアブノーマルな嗜好の人が交流するスペース(公式ウェブサイトより)』。

のんびり話をしたり、さらに掘り下げたり……と、それぞれが持つ趣味嗜好をより楽しむことができる、素敵なお店です。

ブース営業の真っ最中、親切に対応してくださったのはスタッフの雅姫さん。

販売中の商品を見せていただきました。

うそつきパンツ!

店舗フライヤーには、温かみを感じる文言が。

さらにアルカディア東京のオーナー・堂山鉄心さんとツーショットを撮っていただくことに。

写真の公開についてお伺いすると「フリー素材だから大丈夫!」と。

その言葉の端々に、滲み出るお人柄を感じます。

対人コミュニケーションにいまいち自信が持てない私。

こちらのブースでは緊張して震え、安堵して震え……と、なんだか胸中が忙しかったです。

 

【自宅警備隊N.E.E.T.

https://www56.atwiki.jp/hgg01/

最後にお邪魔したのは「自宅警備隊N.E.E.T.」さんのブース。

相手の表情が見えにくいほど、話しかけるのに躊躇してしまうのは、なぜなのでしょう。

自宅警備隊N.E.E.T.のコンセプトのひとつである「匿名性」が、多分に働いていました。

しかし思い切って取材をお願いすると、とても気さくに対応してくださる隊員の方々……。

そのギャップずるい! うっかり好きになっちゃう!

さらに撮影のタイミングでは、サッと組まれるフォーメーション。

うわわ、かっこいいいい……!!

グッズ販売に並んで、近年では音楽活動もスタートさせたという自宅警備隊N.E.E.T.

「バンドとなると音楽制作やライブが先で、グッズ制作は後からするものなので、僕たちは逆ですね!」とは、ある隊員さんの談。

それにしてもブースに並ぶグッズの数々、どれもこれもクオリティが高すぎる。

N.E.E.T.Not Employment Embattled Team=非労働武装集団)でありながら、各イベントへの宅外派遣をはじめ、高品質なグッズ制作に音楽活動、組織の運営管理、メディア対応と……。

働きすぎではなかろうか…………!?

2013年よりスタートしたというフェチフェスですが、会場はあらゆる嗜好のデパート状態。

かねてより関心があったフェチズムに加えて、新たなフェチズムに出会えたことも大きな収穫でした。

いやはや、まさに見果てぬフェチズムの世界……。

次回開催は2018429日とのこと。どうぞお見逃しなく!

(文=カサイユウ)

※カサイユウのその他の記事はこちら

■ライター カサイユウ

06元風俗嬢のアラサー。都内某所の飲み屋さんで働きながら、恋愛関連やアダルトコラムのライターをしています。好きなものはビールとお金。苦手なのは長時間じっとしていること。酒の失敗は3日で忘れます。痛みで興奮するタイプですが、変態ぶっているフシがあります。アラサーになってから不倫のお誘いをいただくようになったので、それとなくパパができないものかと思案中です。
1PO3BUとは? 最新の記事を読む

この記事が気に入ったら いいね!しよう

注目記事

新着記事