女性の反応から「今夜イケるか?」を見極める方法とは

女性の反応から「今夜イケるか?」を見極める方法とは

モテたいです、カサイユウです。

うーん。

器の大きな男性に、ちやほやされたい口説かれたーーい!

「自分に口説かれるほど価値があるのか?」というのは、いまは置いておきましょう。

さて、どうして突然こんなことを言い出したかというと……。

「世の中に口説き上手な男性が増えたら、みんなが(主に私が)もっと幸せになれるんじゃないかしら?」

なんて思ったわけです。

 

そこで今回は、大人向け性教育がコンセプトのイベント「わくわく保育園」に参加して、今夜から使える「女性を口説き落とすコツ」を学んでまいりました。

 

 

 

【女性を落とすには? ①デートからホテルにシケ込むまでのテクニック】

イベント中に参加女性がつぶやいた

「ホテルに行く前の会話から、前戯は始まっているんです」

という言葉に、大きく頷いてしまいました。

 

さてまずは「合コン・バーで使える口説きテクニック」をご紹介します。

 

・心配する

待ち合わせでの「お腹空いてない?」

バーでの「次は何を飲む?」

夜が深まってきたころの「明日は大丈夫?」

……など。

とにかく心配することで、相手の女性を安心させるのが有効とのこと。

心のガードをすこしずつ外してあげる、ということです。

 

・時間をかける

ラブホテルにシケ込むとき、滞在時間はどうしますか?

「ホテル代を安く済ませたいから休憩を選ぶ」ですって?

いやいや……ご冗談を。

男性がムダと思うその時間、女性から見たら必要な時間です。

お金ありきの関係ならいざ知らず、性欲含む感情的な関係で「ご休憩」なんてありえません。

「男はヤリたいだけ」が真実なのだとしても、女性としてはそれを隠すポーズがほしいところ。

チャンスが訪れたら、迷わず「宿泊」を選んでください。

この夜をお互い気持ち良く過ごすため、ひいては今後に向けて信頼関係を作るのに大切なことです。

 

・成功体験を信じすぎない

1度成功したからといって、その体験にすがるのは失敗のもと。

なぜなら女性はそれぞれに性格が違うし、同じ女性でも日によって気分や体調が違うから。

1度ヤレたんだから、2回目はチョロいだろ」と思い込むのは、とても危険なのだそう。

 

 

【女性を落とすには? ②そのボディタッチ、嫌がられてない? 見極めるポイントとは】

イチャイチャタイムに、ときおり女性が口にする「くすぐったい」という言葉。

照れ隠しとも拒否とも取れる、難しい言葉ですよね。

そもそもくすぐったいとは、生体反応として「危険を察知しかけている状態」なのだそう。

こんな反応をされたら、そのボディタッチは嫌がられているのかもしれません。

 

・体ごと大きく避ける

・距離を取る(トイレに逃げるなど)

・触られた部分を嫌そうに見つめる(痴漢扱いされている可能性あり)

 

一方、女性の好意的な反応としては、これらがあげられます。

・体同士の距離を離さない

・体を寄せてくる

・触ろうとする手を優しく掴む

嫌がられているか、それとも喜ばれているのか?

これを見極めるには「女性が取ろうとする体の距離」がポイントになりそうですね。

離れたがっていれば嫌がられている。

そして縮めたがっていたなら喜ばれている……と言えそうです。

 

 

【女性を落とすには? ③そのスキンシップ、実は引かれているかも!】

イベント参加の女性たちが語っていた「引いてしまう男性のスキンシップ」はこちら。

どちらも大きく頷いてしまいます……。

 

<フェザータッチやりすぎ問題>

「フェザータッチ」とは、鳥の羽で触れるようなソフトタッチ・愛撫のこと。

セックステクニックとして人気が高く、講座なんかも少なくありません。

しかし教科書どおりの作り込み感、そして必死感には、内心苦笑してしまうこともあります。

適度に取り入れるなら、もちろん何も言うことはないんですよ。

問題なのは血眼でフェザータッチばかりし続ける彼氏……とか、そういう極端なことなんです。

何事も、適度が大事ですよね。

 

<「頭ポンポン」などのボディタッチ>

時に物議をかもす、男性から女性への「頭ポンポン」。

世間では耳タコなほどに語られているので、ここでこんなことを書くのも野暮ですが。

頭ポンポンは、万能ではありません。

頭ポンポンで女性が喜ぶのは、好意を寄せている人にされたときだけです。

中には「女はこうすれば喜ぶんだろ?」というテンションで、頭ポンポンを繰り出す輩が存在するとか。

もう……想像しただけで腹立たしい。

あなたがどんな金持ちだったとしても、たとえ誰もが認めるイケメンでも。

相手の好意を得ていない状態でそれを繰り出せば、当然のように嫌われます。

 

 

【大人の性教育「わくわく保育園」ってどんなイベント?】

大人向けの性教育をコンセプトとする「わくわく保育園」は、男女のコミュニケーションや体のメカニズムなどを解説する……というイベントです。

(今回の記事は、3月開催の「わくわく保育園」で学んだことのうち「女性を口説き落とすコツ」をまとめたものです)

司会進行は、作家の水野スミレさん、AV監督のえのき雄次郎さん、唯一無二の舐め師であるクンニクマンさんの3名。

私が参加した回では、女性モデル2名による実演をまじえて「女性への良い触れ方・悪い触れ方」なども紹介されていました。

一方通行なセミナーという雰囲気はなく、和やかな意見交換会に近いスタイルです。

個人的な感想としては、エッチや男女のコミュニケーションを茶化すことなく、デリケートな話題を本音で語り合いたい人に向いているのでは? と感じました。

男女どちらが優位になるということはなく、お互いに対等な立場で意見できる……そんな空気が流れるイベントです。

もちろん、カップルでの参加もOK

カップル参加は、お互いへの理解を深めるための良い機会となってくれそうですね。

次回は425日(火)開催とのこと。

「性についてもっと知りたい!」「大人同士で性の本音を語ってみたい!」という方は、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

取材協力:

イベント「大人向け性教育 わくわく保育園」

コミュニケーションスペース No,Where(新宿歌舞伎町)(http://nowheretokyo.com/

カサイユウの他の記事はこちら

■ライター カサイユウ

06元風俗嬢のアラサー。都内某所の飲み屋さんで働きながら、恋愛関連やアダルトコラムのライターをしています。好きなものはビールとお金。苦手なのは長時間じっとしていること。酒の失敗は3日で忘れます。痛みで興奮するタイプですが、変態ぶっているフシがあります。アラサーになってから不倫のお誘いをいただくようになったので、それとなくパパができないものかと思案中です。
1PO3BUとは? 最新の記事を読む

この記事が気に入ったら いいね!しよう

注目記事

新着記事