春から初夏にかけて「周辺の人間性が見えてくる」「開放感に溢れる時季」に、男と女の素敵な出会いが多くなってくるらしい!?

出会いを求める男女の季節が到来!

男性も女性も、春には出会いの求めが萌芽する。

とはいうものの、出会いとは簡単にはいかないのが男女の仲である。

そこで有効なのが「出会い系サイト」となるわけだ。

「不安」とか、「遊ぶ人が多そう」と、お互いに想像してしまい躊躇する人もいるだろうが、登録のときにあらゆるデータ(自身のプロフィールやどういう出会いを探しているか)を記載するので、自分の好みと相手の好みが一目瞭然であり、分かりやすくて問題も起こらないというメリットがある「出会い系サイト」。

そこで今回は、「華の会メール」をご紹介していこう。

 

真剣な出会いを求める人へのサポートサイト「華の会メール」


中高年・熟年のための出会い応援サイト「華の会メール」は、30歳以上をターゲットにしたサイトである。

実際の話、晩婚が増えている昨今では、30歳以上の男女にとって、出会いはとても重要なこと。

昔ならば、「老ける」と言われたアラサーであるが、現在では、見た目も考え方も若い人が多いのは、時代性の変化といえるだろう。

最初はドキドキする出会いからスタートして、そのままカップルへと発展することも多いし、相性の問題などで別れたとしても、登録してお互いの地位や立場が見えているので、その後に悪用されることもなく、まず安心。

華の会メール」担当者の話では、「男性でも女性でも、どちらが上ということに偏ることもなく、年齢差が20歳以上のカップルのアンケート報告も受けてます」とのこと。

出会いが少なければ、年齢が開いたカップルは、ほぼ通常の生活をしていたら、なかなか出会うことはない。

サイトで知り合えば、こういうタイミングがあるのが、「華の会メール」のメリットではないだろうか。

 

バツイチで勇気がない人たちに出会いを提供!

結婚していない人たちも多くいる反面、結婚したのはいいが、30歳すぎぐらいで別れてしまった夫婦もいる。

周囲の人間たちに、「バツイチなのに……」と言われている気がして、どうしても恋愛はおろか、出会いの場にも勇気を出していくことができない人は多いだろう。

そこで、「華の会メール」に登録しておくことで、最初は受動的であるが、相手となりうる相手の情報を入手できる。

そこからの行動ならば、「付き合う前はもちろん、付き合った後に、説明をしなければならなくない過程」を省くことが可能。

自分自身に勇気を出して、連絡先を交換することができるので、新しいパートナーを得ることが可能になっていく。

お互いの持っている心の傷に触れることなく、いたわりあえる関係性を築くことができる出会い系サイトこそ、「華の会メール」といえる。

「お互いにバツイチだったし、相手の女性にはお子さんがいたのですが、意識することなくデートを重ねました。ときには子どもさんにプレゼントを買ってあげたりと、夫婦のような楽しい関係性を作れました。今後、結婚にゴールインする可能性は大きいですし、今は、彼女とのデートを楽しんでいます」というのは、アラフォーになった男性からのコメント。

安心できる空間にならなかった夫婦関係があるために、次の出会いへと発展しづらかったことが、嘘のように『新しい出会い』を楽しんでいることが、コメントから伝わってくることがご理解いただけたかと思う。

 

華の会メール」についてのメリット

登録は無料であり、男性30歳から75歳、女性は25歳から75歳という年齢限定型コミュニティである「華の会メール」。

同年代が好き、上の年齢が好き、下が好きなど、自身の好みをはっきり反映できる。

登録前に不安があれば、電話にて確認することが可能。

なので、会員登録も事務局スタッフが代行登録することもできるので、分からないことがあっても聞くことができるし、面倒な手続きがなくて済む。

自分の登録したメアドに、紹介される相手が届くのを待っているだけで、まず最初の出会いがある。

そこからまずはLINEなどのSNSでお互いの関係性を深めるなどからスタートしても良いし、声や雰囲気で、デートをすることも可能なので、自分のタイミングと相手のタイミングに合わせることが容易。

あらゆるメディアで紹介されているという安心感もあるだろう。

まずは「華の会メール」アドレス=http://hana-mail.jp/にアクセスして、どのようなことができるのかを確認して、無料登録へと進み体験することを推奨したい。

次回記事では、実際にこのサイトでの出会いから、恋愛に発展した既婚女性の話を伺っていきたい。

【取材協力:華の会メール

1PO3BUとは? 最新の記事を読む

この記事が気に入ったら いいね!しよう

注目記事

新着記事